MENU

どうして彼から「結婚」という言葉が出ないのか不安に思ったら

彼との恋愛もいよいよ究極面に達していると思われるのに、何故かまだプロポーズされないのはどうしてでしょう。
だかろといって彼には「別れたい」というそぶりも見られず、相変わらずのデートを繰り返すばかりだとすると、不満に思ってしまいますよね。
彼がもし貴女との結婚をためらっているのだとしたら、どのような理由があるのでしょうか。

 

1. 育ってきた環境が違うことへの不安

 

もしも貴女がお嬢様で、彼の実家が普通のサラリーマンである場合、彼が貴女の家へご挨拶に行くのにはかなり勇気が要ります。
今の自分の生活状態と将来的な展望も含めて、貴女のことを何不自由なく幸せに出来るという確信が無い限り、結婚という話は持ちだすことができないのです。
逆に、彼の家が資産家で、貴女の家が一般家庭で会った場合、彼が両親と貴女との確執を心配して結婚話を出さない様にしているとも考えられます。
どちらの場合も、もう少し時間をおけばお互いの両親が妥協してくれる可能性もあります。

 

2. お互いの金銭感覚に対する不安

 

お金に関することは例え恋人同士や夫婦でも重要です。
もしも貴女が浪費かである場合、結婚後の生活を考えると彼としては乗り気になれないでしょう。
子供ができれば貴女には少なからず仕事ができなくなる期間ができるでしょうし、子供にかかるお金は将来的にも半端ではありません。
金銭感覚のズレは、余程努力をしないと縮まらないものなのです。

 

3. 食べ物の好き嫌いが激しいことへの不安

 

この場合、不思議と男性の食べ物に関する好き嫌いは女性がカバーしてくれるものなのでさほど問題にはならないのですが、女性が偏食となると話が変わってきます。
毎日の食事は女性が用意することが多いので、偏食の女性が作る料理への不安は隠せません。
疲れて帰ってきて、満足な食事ができないとなると、何の為に結婚したのだと不満に思うことでしょう。
もしも子供が出来たら、栄養の偏った食事をさせそうで、結婚というイメージが湧かなくなってしまうのです。

 

4.子育てに関する意見の違いへの不安

 

もしも貴女が子供が嫌いだと言ったことがあれば、彼はそれについて慎重になっているかも知れません。
結婚する上で子供の存在は非常に重要となります。
子供が嫌いな女性と結婚しても、子供を作ることに難色を示し、更には育児放棄をされたら困ります。
男性は意外と将来的な展望を持っていて、それに合うような女性を探しているものなのです。

 

終わりに

 

男女平等、と言っても、やはり男性は家のことは女性に任せて仕事に出て行きたい、と思うものなのです。
日頃から家事や育児をすることへの抵抗感がないことをアピールして、男性から結婚相手として見られるようにしましょう。

 

 

参考サイト:http://xn--n8jx07htni1r4a.tumblr.com/