MENU

ガンガン攻めてこない草食系彼氏持ちさん必見。あなたはもっと自由でいいのです。

優しさが取り柄の彼ができたものの、デートプランや待ち合わせ時間や場所など全部わたしが仕切ってる!と感じて物足りない思いをしながら付き合っている方が多いのではないでしょうか。
結婚していないのであればもっと理想の彼を見つけるべくどんどんチェンジしてもよいのです。

 

付き合っている彼がいるのにどうしてドキドキするのか

その彼にプロポーズされようと結婚を前提で付き合おうと、婚姻届を提出していない事実には変わりないのです。
お付き合いしているのに頭数を揃えるための合コンに仕方なく参加したときに限って理想の人が現れたりします。

 

そんなとき「付き合っている彼がいるので…」など答えなくてもよいのです。

 

理想的な彼と付き合って満足しているのであれば、理想的な人に出会うことはないのです。
あなたが満足していないからもっといい人が目に留まってしまうのです。

 

付き合っている彼は行動で示しましたか?

お付き合いしている彼がいるにも関わらず恋してしまうこと自体、その彼とは精神的なつながりはもう切れているのです。
ですから二股ではないのです。きちんと切れてから新しい出会いが始まっているのです。

 

彼があなたを本気で手放したくないと思うのならばプロポーズして両親に挨拶しにいってとっくに誠意を見せているものです。
あなたが学生であろうと障害があろうと関係ありません。

 

そもそもお付き合いするのに婚姻届けのような書面で契約しているわけではありません。
結婚していないすべての男女は自由に好きな人と付き合う権利があるのです。

 

二股は誠実さの証拠です。

あなたは服を買うときにこれかも?と思った服だけではなくサイズ違いや色違いなど何着か持ち込んで試着しますよね?
お付き合いする相手はお洋服以上にあなたの人生にかかってくるものであるはずなのに、どうして一人で決着してしまえるのでしょうか。

 

誰とでもお付き合いする権利があるのは、お互いに結婚していないことが条件です。
何人もの人とお付き合いすることは裏切り行為や不誠実などではありません。

 

裏切られたといちゃもんをつけてくるのはどうせフラれた相手に決まっています。
自分にあなたを惹きつけるだけの魅力がなかったので腹いせで吐き捨てている言葉に他なりません。

 

別れ際にそのような言動をするような相手とあなたはお付き合いしていたのです。
別れて当然だと思いませんか?
出典:不倫.net

 

 

おわりに

付き合ってみると優しいと思っていた部分がただの優柔不断だったりケチだったり、意に沿わないことがたくさん出てきます。
結婚とは一緒に生活する行為です。
しかも一生続きます。
お付き合いしている段階でパーフェクトくらいでないとすぐに離婚することになります。