MENU

鈍感男子にじわじわと効く♪効果的なアピール方法とは?

こんなに彼の事を想っていて、たまに意識的にアピールしているのにもかかわらず、効果がないばかりかいつもスルーされてしまうなんて悲しい事態に
なっていませんか?

 

鈍感男子に好意を伝えるというのは、なかなか難しいものですが、こういった男性は恋愛に免疫がないせいでこちらからの好意を読み取れていないだけなので、
好意を伝え続けていけば、やがては気づいてもらえるようになります。

 

そこで、鈍感男子にもじわじわと効いてくる効果的なアピール方法をご紹介します。

 

 

●鈍感男子にじわじわと効く♪効果的なアピール方法とは?

 

・目線が合ったらにっこりと微笑み返す

彼の近くにいる時、偶然にも彼と目線が合った場合には、目線を合わせたままにっこりと微笑み返してみましょう。

 

好きな人と目が合った場合、慌ててそらしてしまうことで「あ、そらされた。オレの事嫌いなのかも?」とネガティブな感情を持たれてしまうことがあります。
なら目が合った場合には、にっこりと微笑み返すくらいの方が、明らかに印象も良くなりますし、日本人は目を合わせるとそらしてしまう人が多いので、印象も
残りやすくなります。

 

 

・さりげないボディタッチで気安い感じを出す

恋愛に鈍感な男性でも、女性から何気ないしぐさでそっと触られると、さすがにドキッとします。

 

明らかに誘う目的で触ってしまうと、肉食系女子?と恐れられてしまいますので、笑い話や冗談を言い合っている時にさりげなくひざや肩を触るくらいに
とどめておくと、変な誤解をされなくても済みます。

 

 

・彼だけに相談するなどの、特別感を演出する

悩み事を相談した後「こんな話○○君にしかできないんだよね〜」という、アナタだけという特別感を出すことで、あれ・・・もしかして?という感情を
引き出します。

 

恋愛にはやはり特別な感情が必要不可欠なので、女性として意識してもらうためにはちょっとした演出も必要です。

 

 

・飲み会の帰りなどに、もう帰っちゃうの?とたずねる

ちょっと大胆すぎるかもしれませんが、飲み会の帰りや皆と遊びに行った際「もう帰っちゃうの?」と彼に聞いてみましょう。

 

ここでもう少し一緒にいてもいいですし、もう遅いから〜と断られたとしても、この発言に内心ドキドキしてしまいます。自分の事を恋愛対象として見てもらう
ためには、駆け引きをして彼の恋愛心に揺さぶりをかける必要もあります。

 

 

おわりに

恋愛慣れしている男性よりちょい鈍感なくらいの男性の方が、浮気をする心配も少ないので、恋愛する相手にはぴったりなのかもしれませんが、好きな気持ちが伝わるには、じわじわと効果的なアピールを続けるしかありません。気長に彼の反応を見つつアピールしていきましょう。